リフォーム名古屋は屋根で実績ある名古屋のリフォーム専門サイトです。

サイトマップ
リフォーム名古屋
名古屋のリフォーム無料診断
ご相談電話番号
  • 名古屋のキッチンリフォーム
  • 名古屋のリビング・内装リフォーム
  • 名古屋のバス(お風呂)リフォーム
  • 名古屋のトイレリフォーム
  • 名古屋の洗面所リフォーム
  • 名古屋の庭・エクステリアリフォーム
  • 名古屋の屋根リフォーム
  • 名古屋の外壁(カベ)リフォーム
  • 名古屋の玄関・門リフォーム
  • 名古屋の外溝・駐車場リフォーム
  • 名古屋のデザインナーズリフォーム
  • 名古屋の建て替えリフォーム
  • 名古屋の増築リフォーム
  • 名古屋の耐震・免震リフォーム
ユニークの事業
IKEA イケア キッチンについて
おすすめリフォームプラン
リフォーム無料診断・査定
リフォーム用語集
運営元の株式会社ユニーク公式
イベント情報
建て替えリフォーム
特集IKEA イケア キッチン

屋根のリフォームを名古屋で

無料相談申し込み
四季の気候や自然条件の影響を直接受けるのが家の屋根です。 天候によってお家の中で他の箇所よりも傷みやすい条件が揃ってしまうのが屋根ですのでどのような原因で傷みが進んでいるかを定期的にチェックすることも大事です。 なぜ定期的なチェックが必要なのか?屋根の傷みの特長は、長期間にわたって劣化が表面化されないことです。また場所が場所だけにご自身でチェックするのは困難です。リフォーム時期としては屋根の大敵である雨の多い梅雨の時期がくる前など天候の変化が起こる時期を基準としてまずは診断をおすすめします。 早期の発見でベストな時期の屋根リフォームを実現します。
以前、雨漏れの修理をさせて頂いたお客様から、連絡をいただき
地震が心配で、屋根を軽くしたいとご相談をお受けしました。


前回の修理時も、屋根葺き替えたいと言われてましたが
屋根と外壁を今回同時にリフォームされることを決断。
再リフォーム依頼をいただきました。


20150205-250.jpg
【屋根リフォーム前の日本瓦。瓦は釉薬瓦の黄金です。】

前回の修理前でも、瓦ズレ、雨漏れも多く発生おりました。

瓦も粘土土で屋根に葺いているため、どうしても粘土土の劣化が発生すると
なんども瓦ズレを起こします。

また、屋根も粘土土+屋根瓦が重いため、建物には多くに荷重がかかってます。
但し、伝統工法の施工の為、決して当時の施工が悪かった訳ではございません。

この土葺き工法も20年前の阪神淡路の震災から、見直され
現在では、乾式工法で施工するため、粘土土は最低限しか使いません。

乾式を簡単に説明すると

屋根に木製または樹脂の桟を固定し、瓦を施工して、全て固定する方法です。
【簡単ですいません。省略】



20150205-248.jpg
【安全の為に、足場の施工です。】

建物の下に駐車場があるお宅のため、3階建て位の高さです。
足場施工中に何度か確認のため、足場を上がりましたが
施行中は若干揺れるため、流石に足が笑いました。

外壁も屋根のリフォーム後に塗装しますよ。



20150205-249.jpg
【屋根葺き替えリフォーム中】

交互通行の道でしたが、警察署の交通課で入念に説明し、道路許可受理後の施工。

交通誘導員も4名配置し、歩道側・道路側と交通整理に大忙しでした。


既設屋根の瓦を下すために、10トンクレーン(ピタゴラス)を使用し
1日で瓦・粘土土を全て撤去しました。もちろん屋根の新設下地材も当日に搬入済み。



20150205-251.jpg
【屋根下地リフォーム後】

屋根リフォーム2日目。
シート養生を全て外し、もともとの屋根には、12mmの針葉樹合板を全面施工
防水紙も貼り終えた後、いよいよ屋根の桟木固定と瓦葺きです。

屋根面積が今回大きかったため、1階2階の屋根全体施工で2週間程
リフォーム期間がありました。もちろん板金の工事も施してます。



20150205-252.jpg
【屋根乾式リフォーム葺き替え後】

今回ご提案させて頂いた瓦は、三州東洋瓦のアーバン40防災瓦です。

屋根も日本瓦と比べても断然に軽く、台風にも強い商品です。



20150205-253.jpg
【屋根葺き替え・外壁塗装リフォーム完成】

外壁も屋根施工後、直ぐに取り掛かり、施工期間は2週間。

もともとの壁はモルタルの外壁。

今回、水性シリコンを下地処理含め3回塗りました。

鉄部、木部、雨戸、板金庇も全て塗装し、ウレタン塗装にて仕上げました。

雨樋は全て新しい物に交換しております。


ユニークは、屋根も外壁も得意分野です。一度何でもお聞きください。


愛知県名古屋市内での屋根外壁リフォームの施工事例でした。






20150104-192.jpg
【既設日本瓦土葺き屋根 葺き替え前】

土葺きの屋根は、建物にも荷重が多く掛り
経年の変化にて、瓦ズレや漏水と悩みが多く、太陽光パネル設置に伴い

屋根も葺き替える事になりました。

いままでの杉皮下地・粘土土・釉薬瓦を全て撤去し
建物も軽量化を図りました。また、屋根の下地も補強の為に
針葉樹合板の12mmを屋根全面に上張りしました。


20150104-193.jpg
【既設屋根材撤去作業】

下地材も瓦材も粘土土も全て、職人の手で
丁寧に荷卸しした後、屋根も清掃しながら、下地も補強張りしました。


20150104-194.jpg
【屋根葺き替え後、太陽光パネル設置後】

新設の屋根材は三州瓦の東洋瓦製 アーバン40の防災瓦で葺き直し
太陽光パネルはリクシル製を採用しました。

屋根の面積も十分あった為、3.78kwのパネルが施工されており
葺き替え費用が211万円・太陽光パネル施工費が182万円にて
屋根を大屋根と下屋根含め、全て全面リフォームしました。

今後は防災瓦の為、瓦ズレや強風での瓦めくれも無くなり
もちろん軽量のため、建物の影響も軽減できました。


屋根・太陽光パネルの相談は、屋根技能士の在籍がある当社
リフォーム名古屋(株式会社ユニーク)
TEL:052-506-7530まで、お気軽にご相談くださいませ



今年は立て続けに台風が愛知を通過しましたね!

今回、以前施工させていただいた、お客様からの紹介で

屋根が台風でめくれ、一部分飛んでない!
一度見て欲しいとご相談をお受けしました。



20141016-157.jpg
【下見した状態】

アクリル板で補修してある一部分が無く、どこかに飛んだ様子でした。


以前は、瓦棒の板金屋根が施工してありましたが、経年変化で傷み

再塗装も難しかったため、手直しでアクリル板を補修として貼ったそうです。


そのアクリル板の屋根材も経年の変化や劣化、太陽の熱などで傷み

腐食していた状態で台風の強風にあおられ、今回破損してしまいました。


この時期は台風も多いので、お客様と相談した結果
現在のアクリル板を撤去してガルバニウム鋼板の小波鉄板で
屋根の葺き直しをお奨めし、リフォームすることになりました。


20141016-158.jpg
【既設アクリル板 屋根材撤去後】

傷んでしまった屋根材は全て撤去し、下地の状態も確認

以外と元の屋根がしっかりしていたため、安心しました。



20141016-159.jpg
【下地材補充取付】

もともと付いていた屋根の桟木も少なかったため
部分的に桟木を補充し、新しく葺き直す板金が、より固定できるように施工しました。


20141016-160.jpg
板金屋根 葺き直しリフォーム後

下地の処理も全て行ってから、ガルバニウム鋼板の小波鉄板を葺き直しました。
厚みはt=0.35です。色はブラウンにて選択しました。

いままでは台風以外の雨でも、雨漏れしていたそうですが、10月13日の
台風がさった後、お客様に確認でお電話させていただいたら

なんとも無い、完全に通常の雨漏れも止まりましたとお聞きしました。

これで一安心です。

屋根のご相談もリフォーム名古屋にご相談くださいませ。
お問合せは052-506-7530です。


【塗装劣化により錆びてしまった、瓦棒屋根を再塗装した事例】

屋根は住宅の中で一番大切な箇所です。

最近のゲリラ豪雨、酸性雨、強風に台風、紫外線や雪と例を挙げれば

いくつでもでますが、雨漏れなどもありますね・・・。



そんな環境の変化の中、屋根が傷んでいると色々な二次被害なども起こります。

今回、瓦棒の屋根も傷んでしまい。再塗装することになりました。


20120921-69.jpg
【瓦棒屋根 塗装施工前】

雨や紫外線などで屋根材の表面も傷んでしまいました。

錆びなどは、もらい錆びとも言われ、繁殖もします。

この錆をそのままに放置するとやがて

屋根は穴も開き、二次被害の雨漏れなど引き起こします。



また、屋根は

建物で一番高い箇所のあるため、下からでは状況の確認もなかなか出来ず

気が付かないうちに傷んでいることがあります。


20120921-70.jpg
【瓦棒屋根 再塗装施工後】

傷んでしまった地肌は元には戻りませんが、錆びや浮いてしまった塗膜も

全てケレン掛けをし、地肌を整え

錆び止めとして、屋根の下地処理として、エポキシ系の錆び止め塗装を行い

仕上げにウレタン塗装を3回、再塗装しました。

これでまた屋根は守られますね。





【屋根に太陽光発電システム5.7kwを設置した施工事例】


いつもお世話になっているお客様から太陽光についてのお問合せがあり

お話をお聞きしたところ、買い物ついでに、某家電ショップで太陽光の見積をしてきたとお聞きしました。

【リフォーム名古屋でも一度同じ内容で見積】

弊社の金額で施工金額を提示したところ、20万以上安かったそうで、さっそく施工依頼を頂きました。

すぐに補助金申請+受理後も手続きし、施工に取り掛かります。

今回、次世代エネルギーの話題も多いため(スマートハウス)

太陽光の設置はどのようにして行われるか、手順をお伝えいたします。


20120916-40.jpg
【1.足場設置を行います。】

作業は屋根上のため、安全配慮のために足場を設置します。
もちろん、太陽光を設置する面のみ施工します。

20120916-41.jpg
【2.太陽光の割り付けと既設瓦外し】

屋根上に設置する太陽光パネルの割り付け(前後、左右)をします。
次に屋根瓦を外し、もともとの屋根に下地補強をする準備をします。

20120916-42.jpg
【3.屋根下地補強材】

瓦を外してから、屋根の垂木(下地部分)の芯から芯まで合板材にて補強材を取付ます
(この上に屋根架台が今後固定される。)

20120916-43.jpg
【4.支持瓦本体】

これは、支持瓦と言って、この金具が屋根に固定されます(職人さんは弁当箱などと呼んでいる事が多い)

20120916-44.jpg
【5.屋根架台セットの取付】

先ほどの支持瓦と架台フレームを太陽光パネルの割り付けにて設置していきます。
(アース線と電気配線もこのときに準備する)

20120916-45.jpg
【6.太陽光パネル、電気結線施工】

架台フレームに1枚1枚太陽光パネルを設置しながら、電気配線も結線していきます。

20120916-48.jpg
【7.パワーコンディショナー設置】

発電された電気は直流のため、これを一般家庭で用いられる交流に変換させ
通常利用可能な電気にします。

20120916-47.jpg
【8.接続箱設置】

外部から取入れた太陽光の配線を既設分電盤に接続します。

20120916-46.jpg
【9.太陽光発電システム設置完了 施工後】

売電用メーターを増設し、中電検査を終え、
補助金申請(弊社では代理申請をお客様に代わっていたします)

これで、5.7kw発電するため売電金額は・・・。個人差があるため!!

今後も太陽光を設置する企業様や一般の方が増えるとECOですよね!

このページの先頭へ移動